2011年10月20日

遺言書キットを用意する気になるとは。

2011年。今年は2ヶ月に1度は祖母たちの顔を見に行っていました。
先日も行ってきたばかり。


だけど、「もう当分来れないよ。」と伝えて帰ってきました。



私の精神状態もギリギリだし、いろいろとね。



そこで念のために遺言書キットを用意しておくことにしました。



初めてでも 簡単に 遺言書を作成できるキット遺言書キットLES-W101コクヨ


これ便利そう。


普段から、人はいつ死ぬかわからないから、前もって用意しとくといいかもしれないよね。



とりあえず、必要な事を記載したら、普段良く連絡取ってる子に
「私がもし死んだらココを見ろ」と伝えておくつもり。(笑)



こんなの普通は頼むと心配掛けるしドン引きされるけど、
既に「死にたい」を連発して聞かせてる子なので平気なんです。(笑)


通常の私は自分で人生を終わらせることには否定的で、絶対にやっちゃいけないって思ってるけど、突発的な何かが来ると「通常の自分」じゃなくなる事に気付きました。


なんなんだろう?おかしくなった自分?無意識?突発的な感情のせい?
とうとう壊れたのか?!(笑)厄年だから?!


まぁ、なんせ自分でコントロール出来なくなってきたら終わりですね。


世の中、綺麗事を言ってる人は沢山いるけど、この違いに気付いたからには、もう綺麗事は言えない。


わたしの様な人は、やっぱり遺言書キットは用意しとくに越した事はないですね!!



そして死ぬ事が全く怖くなくなった私に、人生に絶望してる訳ではないけどいつ死んでも良いと思ってる子が話してくれました。



「「死ぬ事が怖くなるほど生きたいと思えること」を探して生きてみると良いよ。」



あるかな?

sponsored link

posted by KaORi at 00:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 節目