2010年01月30日

責任転嫁の背景にあるものは単なる自己中心的じゃない

責任転嫁の背景にあるものは自己中心的な性格だと数年前まで思ってました。

※この「ひとりよがりでごめんなさい」カテゴリは、たまにテーマが大き過ぎることもあり、とても危険な内容です。読んでて不快に感じる方もいるかもしれませんが、そういった方は「読まないこと」も選択できますのでスルーして下さい。「一個人の意見だと思って読めるぜ!」って方のみでよろしくお願いします。

自己中心っていうとワガママが思い浮かぶけど、解釈の問題かなって今は思います。


うまく行かないことを何でも人のせいにしたりする人って見渡せば結構周りにいませんか?職場なんて例にあげると沢山いますよね。


と他人事みたいに言ってるけど、私も何でも人のせいにして正当化したり、
気分が優れないのは天気のせいにしてみたり、
この家族の下に生まれたからと自分のルーツのせいにしたり。


いってみれば責任転嫁のプロだったかも。
そしてとってもワガママな自己中心的な性格でした。


どのくらい自己中心的だったかというと、、、。

「世界の中心で愛を叫ぶ」という映画が流行ったときに仲の良い友達から「自己の中心でわがままを叫ぶ、観た?」と皮肉たっぷりのメールが来たり。

友達Aが友達B、C、Dにそれぞれ電話して「かおりって自己中すぎるよね?」というと、友達B、C、Dが3人とも「逆に自己中じゃないかおりは気持ち悪くない?」と同じ答えが返ってきたり。

アメリカ人の友達から、「地球は私中心でまわってる」という英語を教えられる始末。


こんなに自己中と思われながらも友達でいてくれなんて・・・。この場を借りてありがとう。


そして、何でも人のせいにするのを辞めてみるとすごい楽に生きれるんだよ!!!って今は世界の中心で叫びたいくらい!


最近では隣の部屋がうるさくても「お金が沢山あれば引っ越せるのに、それが出来ない私のせいだな。」と考えたり。してます。これでムカつきはなくなるから。
(幼稚な例えですみません。これしか浮かばなかったです。)



責任転嫁の意味は、自分が引き受けなければならない任務・責務を、他になすりつけること


よく間違った使い方で、責任転換って言う人がいるけど、責任転換の方が意味がわかりやすいかもね。


自分の責任を人のせいに転換する。みたいな感じで。


責任転嫁は、「嫁」って字が差別語にもなりかねないし意味も責任転換と間違える人も多いくらいだから、いっそのこと責任転換にしちゃえばいいのに。

ちゃんと考えると意味が違うから無理かな〜。


って、語源の話に変わってきちゃった。。


本題に戻って。

私が責任転嫁しないように気をつけ始めてから色んな人を観察してると、人って大きく分けて、「責任転嫁するひと」「しない人」の2種類しかいないことに気づいた。


要は少しだけ責任転嫁する人っていうのはいないの。
少しでも責任転嫁する人って、どんなに小さなことでも責任転嫁する。


私が遅刻したら、前をトロトロ走ってた車のせい。とか、
私の気分が悪いのはあんたのせい。とか、
私が落ち込みやすいのは生い立ちのせい。とか、
彼がもう少しこうだったら幸せだった。とか。


逆に人のせいにしない人は、全てを自分の責任だと受け止めてる。
そして、自分ではある意味自己中心的って言ってるんだよ。


他人に何を言われても自分の気分は自分で守る自己中心的考え方。


この背景にあるのって、人のせいにする人は、自分を甘やかして結局他人にも甘えてる自己中心的な感じだけど、人のせいにしない人は自分を可愛がって大切にしてるようにも思う。


特に責任転嫁する人は、被害妄想も強いし、結果自分で自分を痛めつけてる一人芝居してるようなもの。


もっと自分を大切にしていけば、責任転嫁しない自立した考えの人間になれるはずなのに。


で。私が責任転嫁をやめてから家族のショックな事実を知ることがあってね。第3者も登場する内容なんだけど、本当はその第3者を責めたい気持ちがヒョコッと出てきちゃったり、ギャフンと言わせたくなったりして・・・。

でも、何とかそういったエゴの類は自力で抑えて、そんな人と関わった家族の責任と考えるように出来ました。


そして、色んな人を観察してみて、友達でうつ病の子がいるんだけど、この子が一番責任転嫁ばかりして生きてる気がしました。(爆弾発言失礼します。)


うつの友達は、昔の彼がこうしたから私は今も苦しんでるって言ってて、その対処法としてお水をお供えしたり。


うつの人って接し方が大切っていうから「対処法間違ってない?」ともいえなかった。

そして昔の彼のトラウマか何だか知らないけど、その犠牲になってるような今の彼。たはから見てるとお門違いな感じも受けるけど。ま。どんなに犠牲になってもその子を選んで一緒にいるのはその今の彼の責任。よって、彼女に彼の犠牲の責任はないけど、頼れる彼が離れないうちに知って欲しいなって思う。

どういう風に「自分の責任って考えてみなよ。」って言っていいのかわからないし、私は上手く伝えられないんだけど、良いサイトを見つけた☆本当にどんな小さなことでも他人のせいにするのを辞めたら生きるのが楽になるから、この記事を友達に紹介しようと思います。

タイトルがもう少し間接的な言葉だったら良かったんだけどね。笑
人のせいにするのをやめる


このサイトでは、とてもわかりやすく

「イヤな気もちになるのは、自分(の考え方)のせい」
「不幸な気もちになりやすいのは、性格ではなく考え方のクセ」
 と考えられれば、自分(の考え方)を変える努力ができます。

と書かれてるけど、私も本当に考え方のクセ(解釈の仕方)だと思う。


そんな私が「全ては自己責任」と考えるように変えようとしたのは3年ほど前。最近、ようやく自分でコントロール出来るようにクセが変わってきたところで結局3年という時間がかかってる。


この3年という期間は短いのか長いのかわからないけど、最近は嫌な気分にはほぼならないし、気分の浮き沈みもほとんど無くなって、自分でも驚きです。ほんと昔を思い出すのが恥ずかしい。


多分、その変化に妹や父が一番気づいてると思うし、学生時代の親友も気づいてくれました。


うつの友達は大体3年前くらいに良く話すようになったからあまり私の変化に気づかないかもしれないんだけど、一番気づいて欲しい身近な人がいます。


だけど一向に気づいてもらえません。笑


口を開けば「被害妄想」「人のせい」「景気のせい」「愚痴」「将来の心配」のいずれかに属すので早く知ってもらいたい。


少し前までは、こういったことを聞いてるのにも疲れていたのですが、やっと私も疲れずに聞けるようになってきたので次は少しずつ伝える番だと思っています。


伝え方が全く思いつかないけど、何とかなるか。

あとこの文章がこ〜んなに長くなったのも書いてる時間に関係があると思う。夜中ってウダウダ考え事しちゃうから、思い悩むクセがある人は、ぜひ「考え事は真昼間」にしてみては♪

sponsored link